足場は必須なの?外壁塗装のリフォームで組む足場の特徴

足場は必須なの?外壁塗装のリフォームで組む足場の特徴

足場は必須なの?外壁塗装のリフォームで組む足場の特徴

 

外壁塗装のリフォームを行う場合には塗料以外にも必要なものがあり、その1つに足場が挙げられるでしょう。一口に足場といっても様々なタイプがあり、業者ごとにどのようなものを使いのかは異なるかもしれません。

 

 

またシチュエーションによって足場の費用が変動することもあるため、契約時は見積書の内容を細かくチェックしてください。

 

 

まず足場は必須かについてですが、そうとは言い切れません。建物の1階の外壁塗装のリフォーム時では、無足場工法という足場を作らない方法も存在します。

 

 

屋上からロープやゴンドラを吊り作業する方法もあります。しかし安全性を考えれば、足場はとても重要な役割を持っていると言えるでしょう。一般的な住宅の2階以上の外壁塗装のリフォームでは、スタッフが事故を起こすことは避けなければなりません。

 

 

欠員が出ることで作業効率が悪くなり、また依頼者とトラブルになってしまう可能性もあるためです。高いところで足を滑らせてしまえば、最悪の場合、命に関わることもあるでしょう。足場をしっかりと組むことは、依頼者と業者の双方にメリットがあるのです。

 

 

足場の特徴についてですが、主に3つのタイプに分かれているところです。単管という丸みを帯びたパイプを2本使い、組み合わせるように設置して足場にする方法があります。

 

 

しかしこの方法で作業ができるのは、経験を積んだベテランのスタッフに限られるでしょう。パイプとパイプの間に足を滑らせてしまうと、体勢が崩れてしまう場合もあります。

 

足場は必須なの?外壁塗装のリフォームで組む足場の特徴

 

今現在では単管パイプに金属の板のようなものを付ける方法がメインと言われています。足場が板状であるためバランスが取りやすく、作業に集中しやすいというメリットが期待できるのです。

 

 

また、クサビ足場と呼ばれるものもあり、上記の金属の板よりも幅があるため安全性がより高いと言えるでしょう。ハンマーを使って固定するため、安全性から採用されやすいかもしれません。

 

 

足場にも費用がかかり、しっかりしているほど高い傾向にあるでしょう。マンションなどの高いところで作業する場合も、一般的な外壁塗装より費用が高くなると言われています。作業する位置が高くなるほど、リスクが大きくなるためです。

 

 

しっかりとした足場があるからこそ、外壁塗装のリフォームが成り立つと言えるのです。優良業者であれば本格的な作業を始める前に、必ず足場を組んで安全の確保に努めるでしょう。

 

 

業者を選ぶ際は安さや手際の良さだけではなく、安全管理がしっかり行われていることも考慮してください。