施工期間はどれくらい?外壁塗装リフォームのスケジュール

施工期間はどれくらい?外壁塗装リフォームのスケジュール

施工期間はどれくらい?外壁塗装リフォームのスケジュール

 

優良業者が外壁塗装のリフォームを行う場合、事前にスケジュールを組んで作業を進めるでしょう。

 

 

施工期間は状況によって異なる可能性があるため、一概に言うことはできません。しかし一般住宅の場合の平均的な期間は存在するため、作業の流れも含めて以下にまとめて説明します。

 

 

ある外壁塗装の業者が公表しているものによると、施工期間の平均は10日間とのことです。トラブルがなくスケジュール通りに作業が進めば、10日間より短くなる場合もあります。

 

 

もちろん天候によって、作業に遅延が発生する場合もあります。強い雨や風が吹き荒れている日は作業が止まってしまうため、2週間や3週間になってしまう場合もあるとのことです。

 

 

では平均期間である10日間の場合、外壁塗装のリフォームはどのようなスケジュールとなるのでしょうか。上記で説明した業者を例にして、全体的な流れを紹介します。

 

 

まず1日目ですが、足場の組み立てやシートの設置が行われます。高いところにある外壁を塗装する場合、足場がなければ作業できないためです。

 

施工期間はどれくらい?外壁塗装リフォームのスケジュール

 

設置は塗装業者が行うだけではなく、組み立てるための専門業者が行うこともあります。シートは塗料が飛び散った際に、他の場所を汚さないように保護する目的があります。

 

 

翌日、2日目は高圧洗浄の機械を使い、古くなった外壁の汚れを洗っていきます。汚れが残っているままだと綺麗に仕上げることができず、塗装が落ちやすくなってしまうためです。

 

 

高圧洗浄には水が使われますが、作業のための水道代は依頼者負担となることもあります。

 

 

3日目に家の内部にも保護の作業を行い、塗料の飛び散りによるトラブルを防ぎます。4日目以降から本格的な施工が始まり、まずは下塗りが行われます。塗料は1回塗るだけではなく、3回にわたり塗られます。

 

 

最初に行われる下塗りには専用の塗料があり、業界ではシーラーやプライマーと呼ばれています。その後中塗りや上塗りの施工をし、最後の確認を行います。依頼者が仕上がりに納得すれば、塗装そのものは完了となります。

 

 

最後に足場やシートの撤去が行われ、すべての作業が終了となります。撤去作業時は金属音が鳴り響くと思われますが、リフォームのためだと思って我慢しましょう。

 

 

依頼者が外壁塗装のリフォームを行う業者に協力的な姿勢を見せれば、作業効率が上がり期間が短縮されるかもしれません。余計な手出しをして邪魔をするのではなく、疲れているスタッフに飲み物を差し入れる程度はすると良いでしょう。