手抜き施工に要注意?外壁塗装のリフォーム失敗の例

手抜き施工に要注意?外壁塗装のリフォーム失敗の例

手抜き施工に要注意?外壁塗装のリフォーム失敗の例

 

業者に外壁塗装のリフォームを依頼する場合、信頼性が高く実績もある優良なところを選ぶようにしてください。

 

 

中には手抜き施工を行う悪質な業者も存在し、国民生活センターもトラブルに巻き込まれないように注意を呼びかけています。費用をかけても外壁の状態がより悪くなれば意味がないため、悪質な業者とは関わらないことが重要です。

 

 

国民生活センターや外壁塗装の業者が公表しているデータによると、リフォーム失敗には以下のような例があります。まず、外壁の洗浄をしっかりと行わない場合です。

 

 

優良業者であれば施工を行う前に、高圧洗浄の機械を使って外壁を綺麗にするでしょう。汚れが残っていると仕上がりが綺麗にならず、塗料が十分な効果を発揮しないこともあるためです。

 

 

手抜き施工の悪質業者は十分な洗浄を行わないか、まったく行わないかもしれません。事前に洗浄を行うかを確かめて、行わないという業者は避けることをおすすめします。

 

 

また、塗料を塗る回数が少なかったという失敗例もあります。外壁塗装の世界では、塗料を3回塗ることが基本と言われています。1回や2回だけでは塗料が定着せず、すぐにはがれてしまう可能性があるためです。

 

手抜き施工に要注意?外壁塗装のリフォーム失敗の例

 

優良業者であれば最低でも3回以上塗料を塗り、効果が長持ちするように施工してくれるはずです。塗料を塗る回数が少ない方が、費用を抑えることができるかもしれません。

 

 

しかし簡単にはがれてしまえば、その都度塗り直しが必要となるでしょう。塗り直しの回数が多くなれば結果として費用がかかってしまうため、3回以上塗ってくれる業者がおすすめです。

 

 

ビニールシートなどを使い、塗料を塗らない箇所をカバーすることを養生と言います。手抜き施工の悪質業者の場合、養生をしっかりと行わないかもしれません。

 

 

外壁が綺麗になっても他の箇所が汚れてしまえば、リフォーム前より状況が悪くなるかもしれません。地面が塗料だらけでは、客人を招いたときに目立ってしまうでしょう。

 

 

また施工箇所の近くに車などの大切なものがあれば、汚れてしまう可能性もあります。養生が行われているかについても事前に確認し、信頼できる業者を見極めるようにしましょう。

 

 

上記で紹介した外壁塗装のリフォーム失敗の例はほんの一部であり、他にもトラブルが起きていると思われます。施工前に見積書を交付し説明を丁寧に行う業者であれば良いですが、そうでない場合は疑った方が良いでしょう。

 

 

現場を見学できる場合、手抜き施工が行われていないか自分の目でチェックしてみてください。