外壁塗装リフォームの契約を交わす前に見落としたくない事をチェック

外壁塗装リフォームの契約を交わす前に見落としたくない事をチェック

外壁塗装リフォームの契約を交わす前に見落としたくない事をチェック

 

業者と外壁塗装のリフォームに関する契約を交わす場合、見落としてはいけない事がいくつかあります。流されるまま契約してしまうと、不要な費用まで支払い損をしてしまう場合があるかもしれません。

 

 

依頼した業者が悪徳業者である場合、手抜きの作業に高額な費用の支払いを請求されてしまうかもしれないため、要注意しましょう。

 

 

まずチェックすべき事ですが、契約書の内容です。情報量が多く詳細に記されているものであれば、信頼性が高いと言えるでしょう。内容をチェックして不明な項目が1つでもあれば、業者に質問をしてください。

 

 

質問に対して納得のできる回答がもらえない場合、契約は交わさない方が良いかもしれません。

 

 

ちなみに建設業法という法律により、リフォームなどを行う業者は作業事項を記載した契約書の交付が義務付けられています。契約書すらない業者は怪しいため、外壁塗装を任せてはいけません。

 

 

外壁塗装のために使われる塗料もチェックしてください。契約書の中に塗料の項目があれば、使われている種類の名前が記載されているかが重要です。塗料にもランクがあり、安いものと高いものでは当然費用に差があるはずです。

 

 

あるリフォーム業者がホームページ上で公開しているデータによると、アクリル系やウレタン系の塗料は比較的安いとの事です。費用の平均額は、20坪の場合で30万円から70万円程度のようです。

 

外壁塗装リフォームの契約を交わす前に見落としたくない事をチェック

 

たとえばアクリル系のものを使っている場合、費用が不当に高額であればその業者は怪しいかもしれません。

 

 

契約後にクーリングオフが利用できる事も、大切です。クーリングオフとは一定の期間や条件下において、業者との契約を解除できる制度です。契約書をチェックしてクーリングオフに関する説明があれば、その業者は信頼して良いでしょう。

 

 

また、リフォームに対する保証がある事も、契約を交わす上では重要と言えるでしょう。サービス性の高い業者であれば、外壁塗装完了後も必要に応じて作業してくれる場合もあります。

 

 

数年間の長期保証が内容に含まれている、数ヶ月に1度は無料点検を行う、などのアフターサービスをチェックしてください。魅力に思えるアフターサービスがあれば、契約も交わしやすいと思われます。

 

 

契約時に上記の内容をチェックすれば、リフォーム業者とのトラブルを回避する事ができるでしょう。もしも外壁塗装後にトラブルが起きてしまった場合は、法律事務所や国民生活センターなどに相談してください。