外壁塗装のリフォームをやるならいつが良い?時期の見極め方

外壁塗装のリフォームをやるならいつが良い?時期の見極め方

外壁塗装のリフォームをやるならいつが良い?時期の見極め方

 

外壁塗装のリフォームを行うべき時期については、絶対的な正解は存在しないでしょう。しかし外壁の状態を見て傷んでいるところが見つかれば、業者への相談をおすすめします。

 

 

年数が経つと外壁は古くなり状態が悪化してしまうため、時期を見極めることは重要だと言えるでしょう。

 

 

建てられたばかりの新築である場合、外壁のデザインに問題がなければ心配はないと思われます。しかし築10年以上経っている場合、状態に応じて外壁塗装のリフォームを検討すると良いでしょう。

 

 

外壁塗装の業界では、10年経てばいずれかの箇所に不具合が出てくると考えられているためです。使われている塗料によっては、耐用年数が10年より短い場合もあります。アクリル系やウレタン系の塗料であれば、リフォームの時期が少し早くても良いかもしれません。

 

 

また外壁の劣化状況も時期を見極めるためのポイントとなるでしょう。最初のころはツヤがあっても、数年経てばそれが失われてしまうでしょう。ただツヤがないというだけでは、塗装の効果はまだあるはずです。

 

外壁塗装のリフォームをやるならいつが良い?時期の見極め方

 

しかし変色まで見られるようになった場合、効果がなくなりかけていると考えてください。塗料の耐久度が低くなってしまうと、チョーキングと呼ばれる状態になることもあります。

 

 

粉末状になった塗料が効果を発揮せず、雨水や紫外線を防げないことを言います。外壁のひび割れを起こす原因になるとも言われているため、見つけたら早めに業者に相談してください。

 

 

また外壁に溜まってしまった汚れを放置すると、カビやコケが繁殖することもあります。汚れがひどいと感じたら、カビやコケが繁殖する前に業者に依頼すると良いでしょう。高圧洗浄の機械を使って定期的に掃除をするなど、自分でメンテナンスを行うことも重要です。

 

 

外装がはがれかけている、また完全にはがれている場合はすぐに業者に依頼してください。塗料の効果が失われている状態であり、建物にも直接的なダメージが及ぶ可能性があるためです。

 

 

雨水が内部に溜まれば建物がもろくなってしまい、カビやコケも繁殖しやすくなるかもしれません。重大な劣化につながれば大きな規模の工事が必要となるため、時期は早すぎるくらいでも良いでしょう。

 

 

10年という期間はあくまでも目安ですが、外壁塗装のリフォームの時期を自分で見極められない場合は参考にしてください。外壁に明らかな劣化がある場合、新築から10年経っていなくてもすぐに行動を起こすべきです。