外壁塗装リフォームでのデザインの決め方・どんな色が良いの?

外壁塗装リフォームでのデザインの決め方・どんな色が良いの?

外壁塗装リフォームでのデザインの決め方・どんな色が良いの?

 

リフォーム時にデザインを重視する人の中には、外壁塗装にもこだわりを持ちたいと思う人もいるでしょう。

 

 

またどのような色にするかについても、人によって好みが分かれるところかもしれません。では外壁塗装のデザインはどのように決まり、またどんな色が良いのでしょうか。

 

 

外壁塗装のデザインは、良いものを選べば住宅のイメージを一新できるでしょう。色については個人の自由と思われますが、リフォーム時に業者と相談しながら決めると良いです。

 

 

打ち合わせ時に塗料の種類をチェックできると、デザインや色を決める際のイメージがしやすいのではないでしょか。以下に挙げる例を、デザインや色を決める際の参考にしてください。

 

 

まずは1階と2階で色が異なる、ツートンカラーデザインです。すべての外壁塗装が同一された色である場合、地味な雰囲気があるかもしれません。しかし組み合わせの良い2色を使い、境目に白色の帯を取り付けると見栄えが良くなるでしょう。

 

 

スタイリッシュな住宅にしたい場合、おすすめします。次に人気色である黄色を使ったデザインです。ある外壁塗装業者の公式ページによると、リフォーム時に黄色を選ぶ人が多いとのことです。

 

外壁塗装リフォームでのデザインの決め方・どんな色が良いの?

 

古くなってしまった外壁の上に人気色の黄色を塗ることで、明るくて鮮やかなイメージを作れるでしょう。色鮮やかという意味では、オレンジ色を使ったデザインもおすすめです。

 

 

ただ明るいだけではなく、温かみのあるイメージを演出できます。月日が経ち劣化してしまった外壁の上にフッ素系のものを使えば、長持ちさせることもできるでしょう。

 

 

反対に落ち着いた雰囲気作りをしたい場合、グリーンを使ったデザインが良いかもしれません。上記で紹介した業者の公式ページには、濃いグリーンより薄いグリーンを使うと全体的に落ち着いた雰囲気にできるとあります。

 

 

和風だけではなく洋風の住宅にも合うため、リフォームしやすい色かもしれません。色に関係なく特殊な塗料を塗ることで、モルタルというデザインにもできます。

 

 

セメントと水を混ぜたものを外壁に塗り、ひび割れが起こりにくくなるというメリットが期待できます。寿命も7年から10年程度と言われているため、同じ住宅に長期間する場合に良いでしょう。

 

 

外壁塗装のデザインや色の決める際は、どのようなイメージに仕上げてもらいたいかよく考えることです。業者に対してイメージを詳細に伝えることができれば、満足できる仕上がりとなるかもしれません。