外壁塗装のリフォーム中に追加費用が発生することはあるのか

外壁塗装のリフォーム中に追加費用が発生することはあるのか

外壁塗装のリフォーム中に追加費用が発生することはあるのか

 

優良な外壁塗装の業者であれば、リフォーム前に提示した費用以上の額を請求することは原則としてないでしょう。

 

 

しかし施工中に何かしらのトラブルが発生した場合、追加費用が発生する可能性は否定できません。追加費用を請求する業者のすべてが悪徳とは限らないため、発生するケースを事前に理解しておいてください。

 

 

優良業者であれば、施工前に現地調査を行うはずです。依頼者の住宅を訪れて外壁塗装の状態をチェックし、どのようなリフォームをするか検討するためです。使われる塗料や機材を用意し、費用の見積書を依頼者に交付するでしょう。

 

 

しかし現地調査でも見つけることができなかった細かな劣化があれば、施工中にリフォームするかもしれません。その劣化が見過ごすことができないレベルであれば、スケジュールにも影響を及ぼすでしょう。

 

 

また施工前に高圧洗浄の機械を使い、外壁を綺麗にすることも必要です。外壁が汚れているままでは、塗料を綺麗に塗れない可能性があるためです。

 

外壁塗装のリフォーム中に追加費用が発生することはあるのか

 

しかし外壁の内側が劣化しており、高圧洗浄で水漏れが起こる場合もあります。水漏れにより二次的な被害が発生すれば、外壁塗装のリフォームをしても住宅の状態が悪くなるかもしれません。

 

 

また施工期間中に激しい雨が降ってしまうと、塗料を塗るどころの話ではなくなります。水漏れを修繕するための工事が必要と判断されれば、追加費用が発生するでしょう。

 

 

リフォーム中に足場に関するトラブルが起きたときも、追加費用がかかってしまうかもしれません。スタッフの安全意識が高い業者であれば、高いところにある外壁を綺麗にするために足場を組むでしょう。

 

 

しかし住宅のスペースが狭く、また地盤沈下などで鉄パイプだけでは十分な足場を組めないことも考えられます。通常のものより太い鉄パイプや板が必要となる場合、その分費用が高くなるのです。

 

 

リフォーム中か完了後に、依頼者が別の施工を依頼するケースもあると思われます。たとえば外壁だけではなく、途中になって屋根のリフォームもして欲しいと依頼したとします。

 

 

屋根にも塗料を塗ればその分費用がかかり、また増員による人件費も発生するかもしれません。予算に余裕がある人は、追加費用が発生しても問題ないでしょう。

 

 

悪徳業者が外壁塗装のリフォームを行うなどでなければ、不当に高額な追加費用を請求される心配はないと思われます。もしやむを得ない事情により追加費用が発生した場合は、業者のためにきちんと支払ってください。