外壁塗装の寿命はどれくらいなの?早めのリフォームがおすすめ

外壁塗装の寿命はどれくらいなの?早めのリフォームがおすすめ

外壁塗装の寿命はどれくらいなの?早めのリフォームがおすすめ

 

外壁塗装には耐用年数と呼ばれる寿命が存在しますが、使われている塗料によって長さが異なります。あるリフォーム業者が公表しているデータによると、費用が高くなるほど寿命も長くなる傾向にあります。

 

 

高級なものは機能性にも優れているのですが、安いものは早めにリフォームすると良いでしょう。リフォーム業者のデータを参考にし、塗料ごとの寿命や簡単な特徴などを以下にまとめます。

 

 

まずアクリル系の塗料ですが、寿命は4年から7年程度と言われています。他の塗料と比較すると費用が安く、コストパフォーマンスに優れていることが特徴です。

 

 

しかし汚れに弱く耐久度が低いというデメリットがあるため、リフォームの時期も早い方が良いかもしれません。

 

 

次にウレタン系ですが、アクリル系よりワンランク上の塗料となります。寿命は6年から10年程度であり、塗料の中では安い部類に入ります。またアクリル系と比較すると、汚れに強く耐久性が高いという特徴を持っています。

 

 

シリコン系の塗料は耐久度が高いと言われているため、新築建設の現場ではよく採用されているようです。寿命は8年から15年程度と言われています。汚れに強く色あせにくいだけではなく、カビ対策にもなると考えられています。

 

 

光触媒系には自然の力で綺麗になるという効果が期待できます。太陽光や雨水によりツヤが出れば、外観性が高くなるかもしれません。寿命は10年から15年程度であり、定期的なメンテナンスを行えば長持ちするでしょう。

 

外壁塗装の寿命はどれくらいなの?早めのリフォームがおすすめ

 

防水性に優れているピュアアクリル系の塗料は、塗料の中でもトップクラスの耐久度があると言われています。寿命は12年から15年程度であるため、同じ住宅に長く住むつもりであればおすすめです。

 

 

ただし他のものより費用がかかってしまうというデメリットがあり、塗装面積を考えなければならないでしょう。

 

 

遮熱系にはピュアアクリル系の場合と同様、トップクラスの耐久度が期待できます。熱を反射する効果があると言われているため、夏場に室内を快適な状態にしたい人に良いでしょう。

 

 

また自治体によっては、外壁塗装のリフォーム時に補助が受けられる場合もあります。寿命も15年から20年と他と比較して長いため、本格的なリフォームを考える場合におすすめです。

 

 

今現在の外観塗装に問題があれば、上記の中から希望するものを選び、早めにリフォームすると良いです。寿命が長く機能性にも優れている塗料を選べば、将来子孫に住宅を残してあげることもできるかもしれません。