外壁塗装のリフォームを依頼してはダメな悪質業者の見分け方

外壁塗装のリフォームを依頼してはダメな悪質業者の見分け方

外壁塗装のリフォームを依頼してはダメな悪質業者の見分け方

 

外壁塗装のリフォームを行っている業者には優良なところもありますが、一方で悪質なところもあります。悪質業者を利用してしまうとトラブルに発展し、せっかくのリフォームが台無しとなってしまうかもしれません。

 

 

依頼してはいけない悪質業者の見分け方を知っていれば、トラブルを回避することができるでしょう。

 

 

国民生活センターが公表しているトラブル事例、優良業者が明かしているデータ、などが参考になります。それらをチェックしてみると、悪質業者には以下のような特徴があることがわかります。

 

 

まずこちらから依頼をしたわけでもないのに、突然訪問して一方的に説明をするタイプです。飛び込み営業と呼ばれる場合もありますが、美味しい話をして契約を取ろうとしてきます。

 

 

最初は親切な対応をしてこちらを油断させ、徐々に態度を変える場合もあります。業者が強引に話を進めようとしても、相手にせず退去するように求めてください。

 

 

次に業者のホームページをチェックすることも重要です。優良な業者であれば、外壁塗装のリフォームに関する詳しい内容がホームページ上に掲載されているでしょう。費用や期間の目安、使われている塗料、などを細かくチェックしてください。

 

外壁塗装のリフォームを依頼してはダメな悪質業者の見分け方

 

悪質業者の場合はホームページの内容がいい加減であり、またアフィリエイトサイトである可能性もあります。

 

 

また業者と話をする場合、外壁塗装の耐用年数について説明があるかもしれません。耐用年数は使われている塗料によって異なり、長いものでは15年以上になるものもあります。しかし悪質業者が説明を行う場合、耐用年数が長すぎることがあるでしょう。

 

 

この塗料は40年以上も持つ、一度作業を行えばその後リフォームの必要がない、などの説明は信じてはいけません。

 

 

業者を見分けるためには、作業現場を見学できるかどうかも重要です。見学可能であるかを質問し、可能であればその業者は優良だと言えるでしょう。しかし見学を断る反応を見せた場合、悪質業者である可能性があります。

 

 

優良業者であれば邪魔にならない程度に作業をしているところを見られることは、マイナスとならないでしょう。しかし悪質業者は手抜き作業の現場を見られたくないため、見学を拒否する傾向にあるのです。

 

 

外壁塗装のリフォームを業者に依頼する場合、信頼性のある優良業者のみを利用してください。もし悪質業者の被害にあってしまった場合、すぐに国民生活センターや法律事務所などの相談することをおすすめします。